UA-135991618-1

クロツバメの浮き雲ライフ

保護猫ちゃん中心の生活を送りながら、ハンドメイドやDIY、音楽に読書と関心事を綴ります。

MENU

キャットタワーを設置する話

 あとで読む
スポンサーリンク

突然ですが我が家の猫たちはよく食べます

 

フードの準備を始めるとなぁなぁ足にまとわりついてくるし、きなこは待ちきれず興奮しただいずに「やかましいんじゃあ!」って感じで猫パンチをお見舞いすることもしばしばです。

 

 

いっとき話題になった【そしゃく音】でも録音してyoutubeにあげてみようかと思うくらい「もちゃもちゃ」「ふぐふぐ」と声をもらしながらがっつきます。

 

 

さらにうれしさが限界を越えると喉をぶんぶん鳴らしながらご飯を食べるというなんとも幸せそうな光景を目にすることもあるほどです。

f:id:pop-funeral-pop:20190903170836j:plain

 

きちんとした量のご飯をあげていてもフードだけではその食欲は満たされないようで、猫のおやつボックスをガサゴソしようものならどこで寝ていても飛んできます。

 

(飼い主が)アイスを食べようとして冷凍庫をあければ「今日はアイスちゅ~るだ!」といきなりテンションいと上がりけりです。

 

おやつを食べ終えて満足げな表情で顔を洗う仕草を見ていると、こちらの方が幸せな気持ちになるというものです。

 

 

そんなわけで猫様に甘い我々飼い主はその幸せな表情見たさについついおやつをあげてしまうことになるのでした。

 

 

 

が、しかし

 

 

 

当然といえば当然の結果なわけですが‥

 

 

 

ふっくらしてきました。

 

f:id:pop-funeral-pop:20190903170853j:plain

もっちもち

 

 

f:id:pop-funeral-pop:20190903170909j:plain

もち~ん

 

 

ということで【キャットタワー】を増設することにしたのでした。

 

 

キャットタワー増設の目的

運動不足の解消

・猫同士が距離を置きたいときのため居場所を増やす

つめを研げる場所も増やしたい

 

 

楽天市場で購入し、ワクワクすること数日‥

 

 

届いたその日に早速組み立てを開始します。

 

 

 

パーツが多い‥?

f:id:pop-funeral-pop:20190903170928j:plain



組み立てるのに苦労するかと思いきや、以外と簡単で驚きます。準備が必要な道具もなく付属されてくる6角レンチ1本で組み立てができてしまいます。

f:id:pop-funeral-pop:20190903170954j:plain



 

完成!

 

 

高さが180㎝もあり、すごい迫力です。足下のパンチカーペットをカッターで丸くくり抜いて横滑りを防止して設置完了です。

f:id:pop-funeral-pop:20190903171014j:plain



もとあったキャットタワーは撤去しようか迷いましたが、使い慣れたものが急に新品に変わるとかわいそうな気がしたのでその隣に置いたままにすることに。

 

 

 

さぁ、使いけれ

 

 

はじめそわそわ緊張した様子だった3匹の猫たちも使ってみると楽しめているみたいでよかった!

f:id:pop-funeral-pop:20190903171032j:plain

先手を切るのはだいたい特攻隊長よもぎ

 

やはり人気の高い最上段

 

高いところから飼い主を観察するのが彼らの趣味なのかもしれません。

f:id:pop-funeral-pop:20190903171058j:plain



 

見えてきた新たな課題

隣の3段ケージの上に飛び乗るやからが出没

f:id:pop-funeral-pop:20190903171131j:plain



f:id:pop-funeral-pop:20190903171202j:plain

新しいことにチャレンジするのもだいたいよもぎ

 

白色の照明がまぶしそう

f:id:pop-funeral-pop:20190903171231j:plain

ラ〇オンキングにあこがれて

 

まだまだ【猫の城】である猫部屋には改良の余地があるな~とやけにメラメラと燃えてきた飼い主なのでありました。おしまい。

 

f:id:pop-funeral-pop:20190903171256j:plain

「飼い主よ、くるしゅうない」

 

 

最後までおつきあいいただきありがとうございました。

 

 

 

ぷにぷにしてみます?

にほんブ

ログ村 猫ブログへ
にほんブログ村